スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

coffee high(one more cup)

唄 DOPING PANDA
作詞 Yutaka Furukawa
作曲 Yutaka Furukawa




in seattle star cafe
she turned to me and had to say
don't know what we're doin' here
the air is too clean

she said
anything that you want i will give you
anything that you need i will try to do
i will try to do
let's go somewhere else

told her that i liked her dress and asked what gives her happiness
she just looked right through me with a light in her hand

i said anything that you want i will give to you
stay with me a while

then she said
i really know where you are coming from
but can't take it anymore
i don't know what i'm waitin' for

and i said
i understand where you are going to
but there's no other place for me
where i can get enough i jus' want one more cup
one more cup

from my lovely star cafe
she went outside and walked away
guess she didn't like it here
the air is too clean

i thought
anything that she wants i will give her
when i am ready to

she said
i really know where you are coming from
but can't take it anymore
i don't know what i'm waitin for

and i said
i understand where you are goin' to
but here is where i wanna be
cause i can't get enough
i jus' want one more cup
one more cup...

from my lovely star cafe
she couldn't stay, she walked away
guess she didn't like it here
the air is too clean

anything that i want
it will give me
anything that i need
i can get it here

i left seattle star cafe
the ashtray wasn't faraway
said she couldn't breathe in there
the air was too clean

told her
anything that you want
i will give you
anything that you need
i will do for you...

<和訳>
ここはシアトルの「スターカフェ」
彼女は僕を振り返って
「私ここで何してるの、ここの空気は綺麗すぎるわ」
って言いたそうにしてる

「何でもするから、違うとこ行きましょう。何でもしてみせるわ」

だから、しょうがなく彼女のドレスを褒めて、
「どうしたらハッピー?」って訪ねて
でも彼女は手に「ライト」を握りしめたまま僕を見てて

僕は言った
「何でもしてあげる、もうちょっとここに居よう」

彼女が言った「あなたの気持ちはよくわかる。でもこれ以上は無理よ。もう限界」
僕の番だ「君がどうしたいか分かってる。でもここは僕にとって最高なんだ。もう一杯だけつきあっておくれ。」

親愛なる「スターカフェ」より……
彼女は出って行った
ここの空気って彼女には綺麗すぎるんだね

こいつを飲み終わって、満足しきったら
彼女に何でもしてあげよう
そう思ったんだ

「あなたの気持ちはよくわかる。でもこれ以上は無理よ。もう限界」
「君がどうしたいか分かってる。でもまだここにいたいんだ。
まだハイになれてないんだもの。もう一杯、おかわり。」

親愛なる「スターカフェ」より……
彼女にここは無理だった
空気が綺麗すぎたのさ

こいつは僕の欲しい物全部くれるし、
僕はここなら何だってできる

さて、シアトル「スターカフェ」を出た。
彼女が向かった灰皿はそんなに遠くなくて、
「空気が綺麗すぎたの」だって。

君が欲しいもの全部あげるよ
今ならなんだってしてみせよう
僕は満足したからね。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。